念願の新築、いずれは自分達の物になる大きな財産

新築で家を建てる、とても大きな買い物であり、ずっと住む場所であり、簡単に決められる事ではないので随分悩みました。 でもやはり、私は自分の実家に近く子供の学校に近い場所で探しました。共働きという事もあり、子供達が困った時に歩いても行ける距離がベストであり実家からも気にかけてもらえる距離を探し、後は土地、宅地になる前には何があったのかはやはり気になりました。 例えば田んぼの埋め立てだと数年しないと土地が下がっていく、湿気が多いなど、宅地になる前に何があったのかは重要です。 家を建てるという大きな買い物に、主人は最初あまり乗り気ではなかっので、1人で土地や中古物件など探しました。 土地を探す上で実家に近く、宅地前が何があったのかわかるば場所から、車で実家に行った時は少し遠回りをしながらアパートまで帰ったりしました。 土地探しと並行して、主人の説得も大変でしたが、子供達に残せる財産が欲しいという事と、子供達に1人部屋をしっかり持たせるべきだという事をしっかり話し合いました。 あとは、土地が見つかると同時にハウスメーカーさんの分譲地だったので、後はスルスル決まりました。宅地の前に何があったかも分かっていたので、安心でした。 新築、戸建を建てる事はとても大きなお買い物で、毎月の支払いや不安もありますが、いずれは自分達の物になる大きな財産だと思います。子供達に残せる財産でもあります。 ローン支払い心配もハウスメーカーさんがしっかり相談に乗ってくれますので安心してお家作りを楽しんで下さい。