壁の仕上げ材にシナベニアをおすすめする理由は?

わが家の家の壁は壁紙ではありません。わが家の壁材はシナベニアという合板素材です。ざっくりいえば木材です。シナベニアのパネルを壁にはっていって、壁の仕上げ材にしているのです。自然素材住宅とまではいきませんが、木のぬくもりを感じられる住宅で、とても気に入っています。 それに、壁紙ではなく木材の壁材ですから、家からでる湿気を吸収してくれるところもいいですね。それによって、新築1年目の木造住宅では数ミリではありますが変化が起きて、そして壁紙に破れやヨレができてしまうという現象が起きるということですが、うちに関しては問題なかったのですよね。 壁材のパネルといことで、均等につくられた溝が微妙な変化に対応してくれますから。つまり、木材の変化にも柔軟に対応できるようになっているのです。また、壁紙とは違って簡単には破れたりはしませんから、新築1年目や2年目でリフォームということもないのです。 「壁の仕上げ材といえばクロス」という家が多いでしょうけれど、木材の仕上げ材だっていいものです。新築1年目の木材の変化にも柔軟に対応できますからね。それになにより見た目が好みなところが大きいでしょうか。