新築を建てる時は、地盤がかなり重要です。

東日本大震災が発生し、地震の被害をあらためて痛感させられました。 家を新築するとき、最も重視したのは、建てる場所の地盤だと思います。地盤が弱いと建物が新築でも地震が起きた時に、屋根の具志が割れたり、瓦が割れて散乱します。壁にひびが入ったり、基礎の部分に最悪ひびが入ったりします。ひびが入りますと建物の耐久性が維持出来なくなります。 まずは地盤を専門の業者に調査してもらいます。異常ななければ問題ありませんが、もしあった場合でも補強の工事は可能です。予算もかかります。時期も長くなります。これをやっておけば地震が起きた時の被害はしない時よりも最小限に押さえるのは可能ではないかと思います。 家を建てる時に、次に重要なのは一番下の基礎になると思います。コンクリートで固められた長方形の型の部分です。後は、マンションで見られます免震構造の補強もあります。これは業者と相談した方が良いと思います。 やはり家、土地の予算は明確にしたほうが良いと思います。 余裕を持った生活設計は大事です。見切り発車はしてはいけません。