我が家の快適な注文住宅を建てた、裏ワザ設計術

我が家はとても満足のいく家を建てることができたと自負しているのですが、もっともよかったのは、2階のベランダをバルコニーにしたことです。 一般的には2階には細長いベランダを取り付けて洗濯物を干すと思いますが、我が家では、居室と居室の真ん中に洗濯物を干す空間を設けました。 天井は屋根を取りバルコニー風にしたので、洗濯物を干さないときはテーブルとイスを持ち込んでお茶を飲んだり読書をしたりと、自分の時間を満喫しています。 通常のベランダでは人の目もきになると思いますが、我が家は切り取られた空間が視界を遮り、落ち着いた時間を過ごせます。とても気に入っています。 当初は屋根もつけてテラス風にして雨の日も洗濯物が干せるようにしようと考えていたのですが、屋根を取って中庭風にしたら、居室にも光と風を送り込むことができて良いのはないかと提案してみました。 狭いお宅は広いバルコニーを作ることは難しいかもしれませんが、中庭兼ベランダ風にすると快適ですよ。 メーカーさんには「風通しがよく防犯面も安心」ということを押してみるといいかもしれませんね。 ガーデニングが趣味の方ならプランターを置いてミニ菜園なども出来ます。 お年頃の娘さんがいるご家庭の、洗濯物を干すときは気を使いますよね。 でもこのバルコニーの作り方なら、気兼ねせずにそのまま下着も干せるし、急な雨降りでも取り込むのが楽ですよ。なにより、バルコニーに出るのが楽しくなり、主婦の家事も楽しくなりますよ。